「未来の沖縄観光と明日の福祉をつなぐ」沖縄観光開発・おきさぽ

7月突入!新しいお友達も!

こんにちは!

今日もいすの活動をお伝えしたいと思います!

さぁいよいよ7月!

毎日暑くて暑くて汗だくの日々。

でも子ども達には関係ないのか、とても元気です!



嬉しい事に、今日から新しいお友達が参加しています。




初めてのお迎えに少し緊張している様子でしたが

職員と顔合わせをし、自己紹介をすると安心した様子。

今日の流れを一緒に確認し(ホワイトボードに書いてあります)

まずは手洗いバイタルチェック

とてもスムーズに取り組んでくれました。すごい!


中には感覚が過敏な子もいて、脇に体温計を挟むの事を嫌がる子もいるんです。

そう言う場合は声掛けしたり、リラックスできる環境(音楽や場所、玩具等)を

セッティングして、少しずつ練習したりもしています。

この子は大丈夫そうですね!



さて、まずは学習支援

一緒に今日学校であった事を振り返りながら、宿題プリントを行いました。

ホワイトボードも使いながら、勉強の仕方考え方形の模倣等を教えていきます。

この子は順番を一度教えただけで、その後はあっという間に終わらせていました。


さてその後は、バランスボールを使ったボール遊び!

残念ながら撮影者も一緒に遊んだ為、写真はありません……。

次回はしっかり撮影しておきます!


ちなみに、ボール遊びは運動としても療育としてもいい遊びです。

ボールを目で追いかける集中力

身体の感覚を養う。

ボールの位置を予想して動く

そして普通に楽しい!

等、とてもおすすめの遊びです。

遊びの中で、新たな動きを教えて模倣してもらう等をすると尚良いですね。
(キックの仕方、つま先ではなく靴の横で蹴る等)



さて、激しく動いた後は静かな活動もします。





よくある、バランスゲームです。





落とさない様に、慎重に、丁寧に、静かに置くと言う遊び。

小学校低学年の子だと、結構動きの粗さが目立つ子が多かったりします。

ドアをバタンッ!と閉じたり。

物を置く時に投げてしまったり

よく物を壊してしまう等、そう言う場面が見られる事があります。



これは、身体が成長して力がついてきた事や

気持ちが先走ってしまった

感覚の違いがある等、理由は様々だと思います。


それを療育の中で、
体感覚の確認指先の細かい動作丁寧な動き等

練習していきます。


ある程度、集団や個別の時間が終わったら自由遊びの時間もあります。




風船を使って遊んだり、普通にバスケットやサッカーをしたり。





新しいお友達も一緒に走り回っているのですが、早すぎて映らない(笑)

ではまた、次回の更新をお楽しみに!