「未来の沖縄観光と明日の福祉をつなぐ」沖縄観光開発・おきさぽ

7月29日 三色丼と縄跳び

こんにちは!

7月29日のいすの活動についてお伝えしたいと思います。

今回は写真が多く取れたので、たくさん載せています。

まずはこちら!





ゆいすぽでは恒例になりつつある、昼食作り

今回はです!





ゆいすぽは特にご飯やおやつを作る活動が多いですね。

前にも話した通り

自分で生活する力に直結するスキルなのでなるべく機会を多くしています。





皆で役割分担をしながら、出来る範囲で調理をしています。

写真を見て分かりますが、子ども達の手馴れている感じが伝わります(笑)





調理出来たら、今度は自分好みに盛り付けです。

自分で作ったら自分の好きな様に盛り付け出来るのも醍醐味の一つです。






好きなものは多く!





苦手な物はちょっと少なく。
苦手でも挑戦する!





このほうれん草とかとってもおいしかったですよ!!

皆で作ったお昼ご飯、とても楽しくておいしいものでした。





ご飯が済んだら遊びの時間です!

今回は泡遊びが出来るおもちゃを工作しています。

材料は下記の通りです。






ネットに石鹸をつけて息を吹きかけると、泡がモコモコ出て楽しい!






シャボン玉も合わせて、みんなで楽しく遊びました。





息を吹く遊びは、療育でもよく使います。

発音とか息を吹くのが苦手なお子さんに有効だと思います。

口の動きや舌の動き等、活動で取り入れると良いですね。




この日は他にも、縄跳びをして遊びました!





夏休みの課題に縄跳びが入っている子もいるので一緒に遊びました。

普段は上手くできないので消極的な子も

皆で一緒にすると頑張れると言う子もいます。





大事なのは、失敗した時の声掛けです。

「失敗しちゃったね」

「こんなするから失敗したんだよ」

等、失敗というワードを使うと落ち込んでしまいます。


なので、みんなで褒めてフォローします。

「今上手だったよ!!もう一回やってみよ!」

「こういう風にすると、もっとうまく出来るよ!」

等、成功する方法について教えてあげると自信も失われにくいです。

もちろん、子ども達の性格や好み

特性などもあるので、全てに通用する訳ではありません。

でも、なるべく楽しく褒めて認めるのは大事です。





いつの間にか、全員で縄跳びしていました(笑)

これも集団の効果ですね。

それではまた、次回の更新をお楽しみに!